会社設立

会社設立はもう夢じゃない!

「会社設立しよう!」と言っても、どんな会社を興すか、それにはどれだけの費用が必要になるのか、そしてどういった手続きが必要になるのかなど、会社設立に関する疑問は少なくないと思います。しかし、疑問は多いかもしれませんが、現代において会社設立はとてもハードルの高いものではなくなっています。会社設立に関する知識と、会社を経営する手腕、そして会社を発展させるためのアイディアがあれば、会社設立は夢ではありません。

会社設立前に――会社の意味とは

法律の上では「営利を目的とする社団法人」を会社と言います。自営業はとは違い、会社には組織としての成り立ちや、経済的にや雇用情勢的になどの社会的な貢献が求められ、それによって会社は自営業にはない社会的ルールの中で経営していかなくてはなりません。ですから、会社と呼ばれるものには、必然的に社会的貢献が社会から求められ、そしてそれに答えなくてはならないのです。

会社設立前に――会社設立に必要なもの

前述にもあるとおり、会社は社会に貢献することが求められています。ですから、会社設立には、役所などへの申請や手続きが必要となります。では、役所などへ手続きをする前に、まず必要なものについてご紹介します。

・商号(ショウゴウ)

商号とは簡単に言えば、会社の名前のことです。ただし、日本の商法上、「株式会社」や「合同会社」などをつけた名前が商号として認められます。因みに、似た名前がある場合には、商号として認められない場合があるそうです。

・印鑑(インカン)

印鑑は、皆さん知ってのとおりに判子のことです。この項であげる印鑑は会社の印鑑で、書類の決裁等の作業に欠かせない重要なものです。この印鑑を作成したあとは、印鑑証明を取得することも必要です。

・定款(テイカン)

聞きなれない単語ですが、会社設立には必須のものです。これは、会社における基本規則を書面化したものをいい、手書き定款と電子定款の2種類があります。どちらも書くこと同じですが、電子定款の方が節税できるそうです。

法改正によってハードルの下がった会社設立

会社設立がしやすくなったのは、2006年の法改正によるものです。以前までは資本金として最低でも、株式会社では1000万円。現在は廃止されていますが、有限会社であっても300万円以上が必要と定められていました。しかし、法改正によって最低資本金の制度がなくなり、資本金1円からの会社設立が認められ、会社設立後にある手続きを行えば資本金が0円の状態で会社をスタートすることもできます。これによって資本金の費用的な意味では、会社設立は容易となっています。

「会社設立」参考サイトの紹介

知識があれば、学生であっても会社の社長になることは可能です。会社を興すやる気と、社員をまとめる手腕と、会社として社会に貢献できるアイディアが刈る方は、会社設立の手続きや法関係の情報について網羅された、こちらのサイトを参考に会社設立を考えてみてはいかがでしょうか?

会社設立
http://setupwagasha.com/

”会社設立”に関する記事の紹介

会社設立に当たっての必要な手続きとは?
http://setupwagasha.com/a02procedure.html

会社は社会に組み込まれるのが前提のもの。当然、会社設立のためには役所への手続きが必要不可欠となります。こちらのページでは、会社設立のために必要になる手続きや書類についての紹介と解説がされています。

株式会社?有限会社?どの会社を設立したらいいの??
http://setupwagasha.com/a05kind.html

株式会社に合同会社などなど、色々な種類のある会社ですが、いったいどの会社を設立したらいいのでしょうか?会社設立の前に、気になる会社の種類について、こちらのページから詳しく調べておいてはいかがでしょうか?

助成金を活用して、会社設立の費用を補おう
http://setupwagasha.com/d03subsidy.html

会社が国の提示する条件に当てはまれば、なんと国から助成金というものが受け取れます。会社設立したばかりの会社では、少ない資本金を切り崩しても首が回らなくなることも……。そんなときのために、こちらのページから国からの助成金について知っておきましょう。

  • 【社会保険労務士って知っていますか?】労働社会保険・年金のプロ社労士について
  • 【社労士試験の概要】気になる難易度・合格基準もご紹介

  • 【社労士の基礎知識】年収や業務内容などの紹介
  • 【社労士の業務の詳しい情報】書類の作成やコンサルティングなどについて
  • 【社会保険労務士試験対策】試験の合格率や難易度を知ろう!