通信講座,学校

通信講座は働く人の強い見方!

社労士試験の第41回(平成21年実施)の合格者は、半数以上が会社員であり、公務員・自営業・団体の職員などを合わせると、働きながら社労士試験に合格した人は全体の70%にもなるのです。

働きながらの勉強で、最もメリットが多い勉強法に通信講座があげられます。

通信講座のメリットとデメリット

通信講座のメリットはなんと言っても、いつでもどこでも学べるところだと言えるでしょう。
周辺に良い資格学校がなくても、通信講座ならば一流講師の授業を受けることができます。

仕事が終わって疲れているときに急いで教室に駆け込む必要もありません。
自分の集中できるときや、空いた時間を利用して勉強できます。

また、講師の当たり外れもありません。
通信講座はたくさんありますが、どの講座もベテラン講師の授業を受けることが出来るのです。

しかし、通信講座は自分で時間や勉強の進度を管理しなくてはなりません。
自分でモチベーションを保つことも必要です。
サボろうと思えはサボれてしまうのが、通信講座のデメリットと言えるかもしれません。

また、独学に比べ費用がかかってしまうという点もあります。
各会社によって費用もさまざまですが、5〜7万円はかかると考えて良いでしょう。

おすすめ通信講座

社労士資格は難関資格であり、人気の高まっている資格です。
そのため、社労士試験に向けた講座も多数あり、講座選びだけでも迷ってしまいますね。

ここでは3つの講座を紹介します。
自分のタイプに合った講座で勉強することが一番です!

なるべく安く受講したい!

■日本マンパワー(社会保険労務士受験通信講座)

CDやDVDの講義は必要ない、机の上での勉強が一番身につきやすいと言う人は、日本マンパワーの講座がすすめ。
受講料47,250円〜からと低価格でありながら、添削課題が計8回あり、テキストも充実。
法改正に関する情報も得られて◎

HP http://www.nipponmanpower.co.jp/

短期間で集中して勉強したい!

■LEC東京リーガルマインド(社会保険労務士スピード総合Aコース)

社労士資格講座だけでも多数の講座がありますが、短期集中で効率よく勉強したい人向けの講座。
複数回受験している人にもおすすめ。
社労士試験を知り尽くした講師による無駄のない解説と全日本社労士公開模試もコースに含まれているのも魅力。

HP http://www.lec-jp.com/sharoushi/

確実に一発合格を目指したい!

■クレアール(一発ストレート合格コース[全61回])

初めて社労士試験の勉強をするひとでも安心な基本から始められるコース。
法改正対策講座や模擬試験も含まれ、メールやFAXで質問も可能。
ハイレベル答練では本試験と同様な形式で行われ、知識が身に付くだけでなく、解法のポイントがよくわかります。

HP http://www.crear-ac.co.jp/sharoushi/

学校はカリキュラムがしっかり!

資格学校と聞くと、仕事が毎回定時に終わる人や学生でなくては利用できないと考えてしまいがちですが、近年スキルアップや転職のために資格取得を目指す社会人が多いため、土・日に集中して学べる社会人クラスなども増えています。

自己管理の苦手な人は学校で学ぶのがおすすめです。

学校のメリットとデメリット

学校のメリットは継続できるという点です。
通信講座は自分のモチベーションによって、休んでしまう時もあるかもしれません。
仕事が忙しい時にはやる気がおこらないかもしれません。

しかし、学校では、行かなくてはならないという環境になっていますので、継続して続けられます。

また、同じ目標を目指す仲間が出来ますので、刺激を受けることができ、情報交換もできます。
直接講師に質問できてわからないこともすぐに解決できるというメリットもあります。

学校は、通学することで勉強できますが、帰宅後の復習も大切です。
講座を受講するだけでは合格できません。
また、通える場所に学校がなければいけないデメリットもあります。

近くに学校がない場合は、学校で学びたくても学べませんよね。

おすすめの学校

自分で勉強を進めていくのが不安と言う人は学校で学ぶのがおすすめです。
社労士試験に向けたクラスのある学校は多数あって迷ってしまいますね。

自分のライフスタイルに合った講座を選びましょう。おすすめの学校を紹介します。

信頼と実績のある大手の学校で合格を目指す!

■資格の大原

全国各地に多くの学校があり、直接教室で講師の授業を受ける教室通学コースと、自分の好きな時間に講義の映像を視聴して勉強する映像通学コースがあります。
振替出席制度があり、仕事の都合で授業に出られないことがあっても、後日に振り替えられます。

HP  http://www.o-hara.ac.jp/best/sharosi/

自分の進度に合ったクラスで学ぶ

■資格の学校TAC

初めて社労士試験を望む人も、複数回受験を経験している人も、初級〜上級のクラスに分かれているので自分に合ったクラスで勉強ができます。
資格取得者向けの実務講座もあり、合格後も引き続き講座の受講を続ける人も多いとか。

HP  http://www.tac-school.co.jp/kouza_sharosi/index.html

暗記の苦手な人でも安心。インプット学習

■ヒューマンアカデミー

法律を学ぶのが初めての人や、暗記が苦手な人も安心、的を絞った総まとめを試験直前に行います。
試験範囲の広い社労士試験は全部を覚えるのは大変です。
社労士試験のプロが、重要な箇所に絞って講義してくれます。

HP  http://haa.athuman.com/academy/insurance/?code=051060

  • 【社会保険労務士って知っていますか?】労働社会保険・年金のプロ社労士について
  • 【社労士試験の概要】気になる難易度・合格基準もご紹介

  • 【社労士の基礎知識】年収や業務内容などの紹介
  • 【社労士の業務の詳しい情報】書類の作成やコンサルティングなどについて
  • 【社会保険労務士試験対策】試験の合格率や難易度を知ろう!