試験,申し込み

STEP1 受験案内を請求します

まず受験案内を請求します。
受験案内はいつでも送付してもらえるものではありません。

試験実施に関して厚生労働大臣の官報公示(例年4月中旬)が行われてからの送付となりますので、試験を受験する年の4月中に請求すると良いでしょう。
(受験の申し込みの締め切りが5月末なので、受験申し込みに間に合うように余裕を持って、受験案内を請求するようにしましょう。)

また、厚生労働大臣の官報公示後に都道府県の社会保険労務士会に直接行って受け取ることも出来ますが、電話やFAXでの請求はできません。
(郵送での請求は全国社会保険労務士会連合会のみとなります。)

郵送で受験案内を請求する場合

(嵜用封筒の準備

A4サイズの書類を折らずに入る大きさの封筒(角形2号)に140円分の切手を貼り、自分(受験案内請求者)の郵便番号・住所・氏名を記入します。

往信用封筒の準備

,良筒がたたんで入るサイズ(長形3号)の封筒に、80円分の切手を貼り、宛名と差出人(自分の郵便番号・住所・氏名)を記入し、赤字で受験案内請求と記入します。
請求先(宛名)は下記の通りです。

〒103-8347
東京都中央区日本橋本石町3-2-12 社会保険労務士会館5F
全国社会保険労務士会連合会 試験センター

送付します。

,鬮△貌れて投函します。
受験案内を請求できるのは一人につき1セットまでです。

STEP2 受験案内が届く前に準備しておこう!

受験案内に同封されている、受験申込書を提出する際に必要なものを、先に準備しておくと良いでしょう。

1.写真

申込前3ヶ月以内に撮影した顔写真が必要です。
サイズは縦5cm横4cm、裏面に住所と氏名を記入します。

また、背景が無地で無帽、正面を向いた写真と定められています。
スナップ写真を切り抜いて使用できませんので、証明写真を撮るようにしましょう。

2.受験資格証明書

受験資格は【社会保険労務士の受験資格】のページで紹介していますが、受験資格を証明する書類が必要となります。
手元に証明する書類がない場合は取り寄せる必要があります。

卒業証書や学位記はサイズによって(大きすぎて)コピーできない場合がありますので、その場合は卒業証明書を大学から発行してもらう必要があります。

STEP3 受験案内が届いたら…

受験案内には受験案内、社会保険労務士試験受験申込書・社会保険労務士試験科目免除申請書、郵便振替用紙、実務経験証明書用紙、受験申込用封筒の5点が入っています。

不備がないか確認しましょう。

受験申込書を提出します

受験案内の指示に従い、必要な書類を用意して、受験申込用封筒にて送付します。
必ず郵便局の窓口で簡易書留郵便にて送付します。

申込の締め切りは例年5月31日です。
(5月31日の消印有効)また、直接全国社会保険労務士会連合会の試験センターに行って申込することも出来ます。

(都道府県社会保険労務士会での申し込みはできません。都道府県社会保険労務士会で行っているのは、来所での受験案内の配布のみとなっています。)

全国社会保険労務士会連合会試験センター・都道府県社会保険労務士会の営業時間は 9時30分〜17時30分です。

試験申込後は…

8月上旬には受験票が届きます。
受験票に試験会場が記載されていますので、確認しましょう。
(受験申込が多数の場合、希望の会場と異なる場合があります。)

受験会場での自家用車の駐車が出来ないとされているので、公共交通機関を利用しましょう。
交通機関を確認しておく必要があります。

  • 【社会保険労務士って知っていますか?】労働社会保険・年金のプロ社労士について
  • 【社労士試験の概要】気になる難易度・合格基準もご紹介

  • 【社労士の基礎知識】年収や業務内容などの紹介
  • 【社労士の業務の詳しい情報】書類の作成やコンサルティングなどについて
  • 【社会保険労務士試験対策】試験の合格率や難易度を知ろう!