社会保険労務士,受験資格

学歴

  • 大学を卒業した人、または大学で62単位以上修得している人
  • 短期大学、専門学校を卒業した人
  • 修業年限が2年以上で、かつ課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の専修学校の専門課程を修了した人
  • 全国社会保険労務士会連合会の個別の受験資格審査によって、学校教育法に定められている短期大学を卒業した人と同等以上の学力が認められる人

など

実務経験

  • 労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤以外)。
    または、従業者として労働社会保険諸法令の実施事務に通算3年以上従事した人
  • 国または地方公共団体の公務員として行政事務に通算3年以上従事した人、または特定独立法人、特定地方独立行政法人、日本郵政公社の役員か職員として通算3年以上行政事務に相当する事務に従事した人
  • 社会保険労務士、社会保険労務士法人、弁護士、弁護士法人の業務の補助に通算3年以上従事した人
  • 労働組合の役員として労働組合の業務に専従した期間が3年以上、または会社や法人の役員として労務を通算3年以上担当した人
  • 労働組合の職員または法人など、事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務に通算3年以上従事した人

など

国家試験合格者

  • 社会保険労務士試験以外の厚生労働大臣が認める国家試験の合格者
  • 司法試験第1次試験の合格者
  • 行政書士となる資格所有者 (税理士でもかまわない)

など

社労士資格試験の受験資格がないひとへ

受験資格がない国家試験が多い中、社労士資格試験は受験資格があって社労士を目指したくても目指せない人が多くいます。
高卒では受験資格がないのです。

受験資格を得るにはどうしたらよいのでしょう。

国家資格を取得

行政書士・税理士資格を取得すると、社労士資格試験の受験資格が得られます。
しかし、行政書士の資格試験は受験資格がありませんが、税理士の資格試験は受験資格があり、日商簿記検定1級か全経簿記検定上級を取得しなければなりません。

国家資格を取得して受験資格を得る場合、一番の近道は行政書士資格の取得だと言えます。

通信・夜間の大学に通う

通信制の大学や短大を卒業すれば受験資格を取得できます。
しかし、通信制の短大を卒業しても受験資格が取得できない場合もあります。

履修する科目と時間数を確認しなければなりません。

受験資格証明書について

社労士資格試験の受験申込には受験資格証明書が必要です。
複数回受験する場合は、前回の受験票か成績通知書を提出することで、受験資格を証明することが出来ます。

大学・短大を卒業した人は、卒業証書・卒業証書の写しまたは成績証明書が必要です。
大学の成績通知書や成績簿は証明書にはなりません。

また、国家資格取得者は資格試験の合格証書、証票、会員証の写しが必要です。
実務経験にて受験する人は、実務経験を証明する書面が必要です。

  • 【社会保険労務士って知っていますか?】労働社会保険・年金のプロ社労士について
  • 【社労士試験の概要】気になる難易度・合格基準もご紹介

  • 【社労士の基礎知識】年収や業務内容などの紹介
  • 【社労士の業務の詳しい情報】書類の作成やコンサルティングなどについて
  • 【社会保険労務士試験対策】試験の合格率や難易度を知ろう!