就職,独立,研修

STEP1 社労士として登録

社労士の登録をするためには、労働社会保険諸法令に関する2年の実務経験がなければなりません。

実務経験がない場合は、労働社会保険諸法令関係事務指定講習を受講する必要があります。

労働社会保険諸法令関係事務指定講習を受講するには?

この講習は社労士資格試験を合格した人でなければ受講できません。

講習は通信・面接での指導となり、通信指導は4ヶ月間、面接指導は4日間行われ、受講費用70.000円がかかります。
講習が終了すると終了証が交付されます。

登録に必要なもの

  • 社会保険労務士登録申請書
  • 社会保険労務士試験合格証書のコピー
  • 従事期間証明書または、労働社会保険諸法令関係事務指定講習の終了証のコピー
  • 住民票の写し(原本で3ヶ月以内のもの)
  • 顔写真1枚
  • 戸籍抄本、個人事項証明書または改正原戸籍のいずれか1通(合格証書・従事期間証明書の氏名と違う場合のみ)

登録にかかる費用

60.000円(登録免許税・手数料)

登録申請書の提出先

登録申請書は社労士として勤務する場所によって違います。

開業する場合

事務所の住所がある社会保険労務士会に提出します。

企業や社労士事務所に勤務する場合

企業や社労士事務所の事業所の住所のある社会保険労務士会に提出します。

上記以外の場合

自宅住所のある社会保険労務士会に提出します。

STEP2 都道府県社会保険労務士会へ入会

住所のある都道府県の社会保険労務士会に入会します。
下記の必要書類と費用を、登録を行った社会保険労務士会に提出します。

必要書類

  • 入会届
  • 写真

会費

地域によって費用が異なる場合があります。
下記は東京都の例です。

  • ●企業等に勤務する場合
    入会金30.000円と年会費42.000円で合計72.000円かかります。
  • ●独立、開業する場合
    入会金50.000円と年会費96.000円で合計146.000円かかります。

STEP3 晴れて社労士としての活動が出来ます!

社労士試験に合格、全国社会保険労務士連合会に登録、都道府県社会保険労務士会に入会して初めて社労士として名乗ることができるようになります。
社労士となってからの就職はどのようなものがあるのでしょうか?

勤務社労士を目指す場合は社労士資格取得後、多くの人が社労士事務所に就職出来ることを望んでいますが、社労士事務所の求人は極わずかであるというのが実情です。

企業の総務や人事に就職する人も多いです。
社労士資格は企業においての評価が高く、業種を問わず企業で需要がありますので、就職で有利に働くといえます。

開業社労士を目指す場合は、事務所を構えるのもそうですが、開業セミナーに参加する人が多いとか。

実際、開業した社労士の7割が廃業してしまっているという厳しい時代です。
独立・開業のプロからの指導が必要なのかもしれません。

  • 【社会保険労務士って知っていますか?】労働社会保険・年金のプロ社労士について
  • 【社労士試験の概要】気になる難易度・合格基準もご紹介

  • 【社労士の基礎知識】年収や業務内容などの紹介
  • 【社労士の業務の詳しい情報】書類の作成やコンサルティングなどについて
  • 【社会保険労務士試験対策】試験の合格率や難易度を知ろう!