年収

やり方次第で高収入!開業社労士の年収は?

社労士の3分の2が独立開業している開業社労士です。
開業社労士の平均年収は400万円〜600万円と言われています。

しかし、年収3000万円も稼ぐ売れっ子社労士もいれば、年収100万円台の社労士もいます。
開業社労士の年収の幅は広くなっています。

開業したばかりの社労士は、顧客がいないので収入も少ないです。
年収100万円台が数年続いたという社労士も多いとか。

顧客をつかむまでは収入も少ないですが、企業の顧問になると安定した収入が期待できます。
また、コンサルティングや特定社会保険労務士資格取得によって収入を増やすことも出来ます。

開業社労士の収入の一つである顧問料は、企業の従業員数が多いほうが人数が多い分作成する書類の量が増え、手続に手間がかかるため金額が高くなります。

開業社労士の顧客は中小企業がほとんどですが、人数の多い企業を顧客とすることも、収入を増やす方法として挙げられます。

高収入を得ている開業社労士は従業員数の多い企業をいくつも顧客として持っている場合が多いです。
また、社労士資格のほかに税理士資格や行政書士資格を取得して、活躍の場を広げることも収入を増やす方法の一つです。

リスクのない勤務社会保険労務士の年収は?

勤務社労士は企業の総務や人事の仕事をしながら、企業内で社労士としての業務を行っている人が多いです。
勤務社労士の年収は、勤務している企業や業種によって違ってきます。

社労士資格を取得しているからと言って、資格手当等を支給する会社も少なく、支給されても1〜3万円程度だとか。
(企業によって異なります。)

しかし、社会保険の専門家としての企業内での信頼を得られ、安定した収入を得られるというメリットもあります。

他の士業の年収との違いは?

士業とは難しい国家試験を突破して資格を取得し、独占業務を持つ職業を言いますが、社労士以外の士業の年収はどうなっているのでしょうか?

司法書士の年収は?

司法書士も社労士と同様に、独立開業して活躍する人と、企業や司法書士事務所などに勤務して活躍する人もいます。

開業司法書士の年収は300万〜800万円と言われています。
司法書士として、独立してすぐは顧客がいなくて0〜100万円台の収入を経験している人もいます。

勤務司法書士の年収は、400〜600万円と言われていますが、これは勤務する事務所によって違いがあります。

行政書士の年収は?

行政書士の年収は平均400万円〜500万円と言われています。
しかし、年収300万円以下の行政書士もいれば、数千万円稼いでいる高収入の行政書士もいるとか。

行政書士として高収入を得ている人の多くは、他の資格も取得して幅広く活躍しているのが現状です。

税理士の年収は?

一般的に高収入と言われている税理士の年収は、独立開業している税理士で平均年収は900万円とも言われています。

経験豊富でコンサルティング業務を行っている税理士では数千万もの収入を得ている人もいます。また、2世税理士では、古くからの顧客を持っていますので高収入です。

独立開業して高収入を得るには?

独立開業して活躍する社労士・司法書士・行政書士・税理士、どの士業においても言える事は、多くの顧客をつかむことが高収入を得るための方法と言えます。

独立開業すれば、どんな資格を取得していても保障される収入はないのです。
自分で営業して、顧客を見つけていかなければなりません。
自分の頑張り次第で高収入を得ることが可能ですが、業務に関する能力だけでなく、営業力や人間関係も必要となります。

  • 【社会保険労務士って知っていますか?】労働社会保険・年金のプロ社労士について
  • 【社労士試験の概要】気になる難易度・合格基準もご紹介

  • 【社労士の基礎知識】年収や業務内容などの紹介
  • 【社労士の業務の詳しい情報】書類の作成やコンサルティングなどについて
  • 【社会保険労務士試験対策】試験の合格率や難易度を知ろう!
関連リンク