社労士,業務内容

書類の作成と手続きの代行業務

社会保険労務士法により社労士の独占業務と定められているものに(労働保険・社会保険に関する)書類作成業務と手続き代行業務があります。

代表的な業務に下記のものがあります。

  • ■労働保険・社会保険の手続き代行
  • ■行政機関に提出書類の作成
  • ■保険給付に関する手続き
  • ■社会保険料算定に関する業務(被保険者報酬月額算定基礎届等の提出)
  • ■給与計算業務の代行

人事・労務のコンサルティング業務

働きやすい環境を作ることは、企業の発展につながります。
企業は人とモノとお金で成り立つと言われますが、働く人を守ることは企業のためにもなるのです。

しかし、働く環境が良く、人が守られていても、企業の経営が悪化してしまったら、働く人の雇用条件の悪化につながってしまいます。

したがって、社労士は働く人を守り、能力を活用できる環境を作ることで生産性を高めるとともに、企業の発展につながるような手助けをしていきます。

下記は社労士のコンサルティング業務の例です。

  • ■労働条件コンサルティング
  • ■賃金制度コンサルティング
  • ■安全衛生管理コンサルティング
  • ■福利厚生コンサルティング

帳簿や書類の作成業務

下記に示す書類・帳簿作成は社労士の帳簿や書類作成業務のうちの代表的なものです。

これらは、各企業で作成が義務付けられているものであり、就業規則は常時10人以上従業員のいる事業所等で作成が義務付けられていて、労働監督署への提出しなくてはなりません。

  • ■出勤簿の作成
  • ■労働者名簿の作成
  • ■賃金台帳の作成
  • ■就業規則の作成

年金の相談

少子高齢化の時代となり、年金への不安は年々高まっています。
また、年金制度の改正もあり、知識がなければ自分はいくら年金が支給されるのかもわからない状態です。

年金支給がいつからなのか、どのような手続きをすればいいのかなど、わからない人がほとんどかもしれません。
社労士は年金に関する知識を持っていますので、しっかりとアドバイスしてくれます。

年金は自分から手続きしなければ支給されないので、何もしないでいるともらえないのです。

以前社労士は企業の年金相談の顧問として活躍していましたが、近年個人の相談が多くなっているということです。

紛争解決手続代理業務

紛争解決手続代理業務とは、労働者と企業の間で起きた問題を裁判を行わずに解決させる業務を言います。
この紛争解決手続をADRといい、ADR代理業務を行える社労士を特定社会保険労務士と言います。

近年労働紛争が急増していますが、不当解雇・セクハラ・残業代の不払い・賃金不払い・有給休暇がもらえないなどが原因です。

特定社会保険労務士って何?

社会保険労務士資格を取得している人が、厚生労働大臣の定める研修に参加し、特定社会保険労務士試験に合格すると資格を取得できます。

特定社会保険労務士は、2007年4月に特定社会保険労務士制度が導入され、誕生しました。

  • 【社会保険労務士って知っていますか?】労働社会保険・年金のプロ社労士について
  • 【社労士試験の概要】気になる難易度・合格基準もご紹介

  • 【社労士の基礎知識】年収や業務内容などの紹介
  • 【社労士の業務の詳しい情報】書類の作成やコンサルティングなどについて
  • 【社会保険労務士試験対策】試験の合格率や難易度を知ろう!