社会保険労務士

社会保険労務士資格は国家資格です

社会保険労務士は、社会保険労務士法により定められた国家資格者です。

社労士は「社会保険労務士法に基づき、毎年1回厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ2年以上の実務経験のある者で、社会保険労務士名簿に登録された者」と社会保険労務士法で定められています。

1968年に社会保険労務士法が制定され、社会保険労務士が誕生しました。
この時、試験なしで行政書士が特認で社労士資格を取得し、初めての社労士が誕生しました(約9千人)。

社会保険労務士は、士業の中では比較的歴史の浅い資格です。

国家資格ってどんな資格?

国家資格試験は、法律に基づいて国が実施します。
国家資格試験によって知識や技術を認められると一定の業務(独占業務)を行うことが認められます。

この一定の業務を行うことを認めるものを国家資格と言い、国家資格者しか行うことができない業務を独占業務、独占業務をもつ資格を業務独占資格と言います。

業務独占資格に、社会保険労務士・弁護士・公認会計士・司法書士・行政書士・税理士・医師などがあります。

社労士は士業の一つであり、社労士の徽章は菊の花弁の真ん中にSRの文字が入ったものです。

企業と労働者の架け橋

社員が安心して働ける環境でなければ、社員は頑張って仕事をしてはくれません。
社員にとって良い環境を作ることは、仕事の生産性を高めることにもつながり、それは企業の業績アップにもつながります。

企業だけが良くても、労働者だけが良くてもいけません。企業と労働者が良くなるように、手助けするのが社会保険労務士なのです。

また、社労士は年金のプロフェッショナルです。
年金記録問題により、年金に対する国民の不安は高まっています。
年金は老後の生活を支える重要なものです。

社労士は年金に関する相談にのったり、手続の代行をしたりしています。

税理士とどう違うの?

士業の中の社労士と税理士、どちらも書類作成や手続きの代行を行いますが、どのような違いがあるのでしょうか。

税理士は税に関する書類作成や手続の代行を行います。
つまり、税務署に提出する書類を作成し、手続の代行を行うのです。
税理士は企業だけでなく個人の手続も行いますが、社労士は企業の手続のみとなります。

なぜなら、社労士の業務は労働社会保険に関する手続ですが、労働社会保険に加入しているのは個人ではなく企業だからです。
(企業は労働社会保険への加入が義務付けられています。)

税理士と社労士の業務は、独占業務であり、税務は税理士のみ、労働社会保険に関する業務は社労士のみ行うことができます。

また、社労士が個人の手続代行を行う場合は(社労士の独占業務ではありませんが)年金に関する手続になります。

  • 【社会保険労務士って知っていますか?】労働社会保険・年金のプロ社労士について
  • 【社労士試験の概要】気になる難易度・合格基準もご紹介

  • 【社労士の基礎知識】年収や業務内容などの紹介
  • 【社労士の業務の詳しい情報】書類の作成やコンサルティングなどについて
  • 【社会保険労務士試験対策】試験の合格率や難易度を知ろう!